So-net無料ブログ作成

笑えるサヨナラ負け [ソフトボール]

4/10 ソフトボールの試合
本日は朝9.45集合で、11時過ぎの試合開始。 昨日のお花見サイクリングでヘロヘロだったので、昨晩は早く寝た。 つまり、今日は朝早く目が覚めて時間を持て余していた。

しかし、筋肉痛がすごい。 腕も張っている。  試合前の練習もなるべく投げないようにする。  試合中は疲れるので、コーチャーズボックスに立たず、ベンチで座ったままサインを出す。

試合では、見方が大量点を今日も叩き出す。 ピッチングは筋肉痛と腕の張りで4種類の 速・緩・超緩・変化球のうち両端が使えない……

まっ、いつものように大事な場面でエラーをしてくれ、僕の精神を鍛えてくれるのには感謝(笑)です。

とりわけ、反射神経が抜群なA君は笑いで大活躍。

サードを守ると、低めのゴロの裁きができないのですが、低めのライナーがやってきて、右足に直撃して、グランド外に出したり……前週は右足の内側に当たり、ショートにバスした形になり、ファーストでアウトにしたのですが……(笑)  まっ、今回はグランド外に出て、ヒットとテイクツーまで与えてしまいましたが、あり得ないサードの裁きに両チーム大爆笑。

サードは無理とキャッチャーにしたら、僕が投げる動作に入ると……両手でキャッチャーのマスクに何やらしている。  見ると、マスクがずれて半分顔が出ている(笑)  大笑いして投げちゃいました。

その後、だんだんと追いつかれたてきたものの、最終回、ワンアウトでレフトフライに仕留め、ツーアウトとなりホッとした直後……審判が何やら宣告している。  インターフェア……要は、バッターのバットにキャッチャーのミットが当たったのだ……打撃妨害だ。

バッターには選択権が2つ与えられる。 打撃妨害で一塁に出る、もしくは、再度、打つ。  当然前者を選択しますわね。

その後、同点になったもののツーアウト。  レフト前ヒットで二塁ランナーが三塁を回りホームへ。  我がチームも素晴らしいバックホームへのストライク返球で、タイミングは完璧アウト。

しかし、A君のボールが収まったミットは高さ30、40センチのところ。 要はその下にスライディングした足が入ってきて、ホームイン……となり、あっさりサヨナラ負け。

最後まで笑わしてくれました。

まっ、今日は肝心なメンバーがいなくて仕方ないといえば、そうなんだけど。  まっ、大笑いのうちに終わりました。  

帰宅後は嫁さんとお出かけ。  疲れた身体には応えました。
image.jpegimage.jpeg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0