image-20140113150341.png


昨日は自転車仲間のチームストローラーの面々と自転車新年会をしてきました。 しかも、お店は僕がそこの酸辣湯麺を愛してやまない 豊四季の激旨麺厨房 劉です。 餃子などの点心と四川麻婆豆腐以外は、オーナーにお任せということでやってもらいました。

当日、18時20分に豊四季駅に集合し、皆さんで劉に向かいます。18時半にお店に入り、早速、乾杯をして宴会開始です。

まずは、なぜだが!?落花生

image-20140113131445.png
次に、中国東北風春雨の冷菜
このお料理の春雨は太麺。 横のタレをかけて、混ぜ合わせて食べるのですが、これが美味いのなんのって

image-20140113131611.png

そして、ここで点心が入ります。 餃子、焼売、春巻。 ここは通常メニューのものです。

image-20140113131916.png

次に、豚足のトロトロ醤油煮込み
柔らかく煮込まれております。 ゼラチン質の部分も多く、コラーゲンたっぷり。 豚足は生まれて初めて食べたかもしれません。

image-20140113132202.png

続いて、海老チリ これもメニュー品ですね

image-20140113132249.png

次に、エリンギ茸ニンニク炒め あっさりといけます。 憎い味付けです。

image-20140113131807.png

そして、 豚肉の中国味噌炒め豆皮添え これは驚き

image-20140113132407.png

北京ダックのように包んで食べるのです。

image-20140113132500.png

image-20140113132512.png

食感や味も北京ダックのような味でした。

そして、ここからが辛いもの料理。
これが、運ばれて来た時は全員が騒然となりましたね(笑)

image-20140113132638.png

真っ赤な唐辛子……心のなかでは、『これは無理……』と思ってしまった……
すると、この真っ赤な唐辛子は味や風味をスープにつける、まっ、一種のダシのようなものだそうです。
実際には、このように赤唐辛子を取り出し、

image-20140113133001.png

これくらいまで減らしてから食べ出すのです。

image-20140113154912.png

スープの表面には、山椒がいっぱい、中は白身魚の鱸(スズキ)が入っています。 名付けて、 鱸の麻辣オイル煮込み というそうです。

食べてみると、山椒の香り満載で、まるで、薬膳のよう。 確かに、辛いが、美味いのなんのって…… ただ、辛さの食べ物には、辛いもの好きと苦手で好みは別れ出したようです(笑)

辛いもの好きの僕はだいぶと食べましたね(笑)

この辺りでだんだんと腹が一杯になってきます……大本命の四川麻婆豆腐までまだかあぁぁ!?と思いながら

そして、次は、山芋の牛肉巻きの鉄板焼
先の鱸のお料理で普通の味のこの牛肉巻き……

image-20140113134846.png

そして、待ちに待った 四川麻婆豆腐
見た目にも、辛そうです。

image-20140113133726.png

マジ、辛かったぁ?! 汗びっしょりです(笑) ご飯とともに頂きました。 やばい辛さですね。 四川麻婆豆腐の味も最高!

image-20140113133915.png

もうこの辺りで、辛いもの好きの僕も満腹気味ともう満たされたという感じ。

次に出た最後の料理 酸菜とスペアリプの中国東北風土鍋煮込み を味わう舌では無くなってました(笑) 写真も取り忘れる始末。

デザートの杏仁豆腐で胃袋を落ち着かせていると、なんと、KENさんが 炒飯を勝手に注文しちゃいます。
中華の基本の炒飯ですが、劉で食したことがなかったので、少し食べさせてもらいます。

image-20140113134404.png

やはり、炒飯も美味い。 当たり前でしょうが(笑)

なんと、何品食べたんどろうか!? 辛いものニ品を含む13品かな
恐るべし、激旨麺厨房 劉 ラーメンのみならず、中華全般を提供可能なんですね。 酸辣湯麺や坦々麺も美味かったが、四川麻婆豆腐も理想の味だ。

是非とも、また行って食べたくなりますね!

新年会も料理に圧倒されながらも、色々な話ができ、楽しく過ごせました。
参加の皆様、劉の皆様、ありがとうございました。

image-20140113143510.png