So-net無料ブログ作成

2016年内初出走、市中引き廻しのうえ獄門サイクリング [自転車:BD-1]

image.jpeg
1/3 b 2016年初出走、 江戸市中引き廻しのうえ獄門サイクリング  78.1 km   ルートは断腸亭さんよFBより、拝借。

1/3は断腸亭さん主催の「正月三日・迎春! 江戸市中引き廻しのうえ獄門サイクリング」に参加してきました。  旧江戸市中を当時の最高刑である市中引き回しのルートで、大の大人が右に左にくねくね回るという企画です。

9時金町集合というのも魅力的なので、参加させてもらいました。 僕が第一集合場所に着いたの頃には皆さん既に到着済み。

image.jpeg
断腸亭さんの先導で出発。さすが、通勤で走っているだけあって、安全な道のセレクトです。 吾妻橋まではあっという間。

勝海舟が子供の頃に通っていた神社
image.jpeg
勝海舟像
image.jpeg
吾妻橋を渡り第二集合場所へ
image.jpeg
ちょいと角度を変えるとこういう構図も撮れます。
image.jpeg
ここで、第二陣が合流し、総勢10数名。
そして、浅草寺へお参りします。
image.jpegimage.jpeg
樽の積み上げもすごいですね。
image.jpeg
浅草寺のお参り後は、湯島天神経由で、神楽坂、牛込神楽坂を行きます。  
後続隊を信号で待っていると、餃子の看板に吸い寄せられ、ここで昼飯を取らねばならぬ状況になってしまった。

image.jpegimage.jpegimage.jpeg
餃子は美味かったなぁ。  
それにしても、餃子と飯代一人分は?と聞くと、xx円プラス消費税と間抜けな回答しか言わぬ店員には呆れた。  総額しかこちらは興味なし。  

ここからは四谷を通り、神谷町を抜け、田町を目指す。 途中、セブンでのコーヒータイム。

image.jpeg

札の辻交差点で、箱根駅伝復路の規制にはまる。  お茶目なまちゃさん
image.jpeg

見物しようと、自転車を止めて、東洋大の通過を見届け、再出発しようと交差点に戻ると、後続のランナーが次から次へと来て交差点で足止めを食らう。 沿道の観客からは「俺たちは何時間もここで待っていたんだ、黄色い服着たの、腰を下げて低い姿勢になれ」と罵声を浴びる始末。  殺気立ってますね。  
70近くのおばあちゃんは交差点に出てきて、「どこの大学」といちいち確認さながら、各ランナーに声援を送る。
image.jpegimage.jpeg

結局、時間制限まで交差点の信号は変わらず、待つことになった……

その後、小伝馬町を目指して走るが、駅伝見物後の群衆の多さに驚きである。

やっとの事で、江戸時代、吉田松陰が繋がれていた獄、今では十思公園 となっている、に到着。吉田松陰先生の碑もあった。
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

あとは、出発点の浅草に戻るのみ。途中、浅草橋にてたい焼きタイム。  ここのたい焼き、ホカホカで抜群にいけるお味でした。

image.jpeg

image.jpeg

浅草、吾妻橋に戻ると、来た道を金町方面に戻ります。  断腸亭さんの経路は面白い。  とても、ナビなしでは難しいなぁ(笑)

多くのメンバーで、断腸亭さん先導で昔々の経路を楽しく引き回される刑に楽しみながら処されてきました。 

途中からは、こんな感じの駅伝スタイルになりましたが、みなさんと、1日楽しみながら、2016年初出走を果たしてきました。

image.jpeg

主催の断腸亭さん、本日お付き合い頂いた自転車仲間に感謝です。
ありがとうございました。

帰宅後は、小樽で買ってきたお酒とお袋からもらった鰤で夕食。  

image.jpegimage.jpeg

疲れ果てたのか、10時前の就寝となりました。
image.jpeg

正月休み 1/2 [徒然なるままに]

1/2  は初詣とお袋宅での新年会
まずは、初詣、嫁さんと娘と一緒に近所の神社へ。
image.jpeg 
image.jpeg
そして、次は船橋のお袋宅へ。
image.jpeg
亡き親父の仏壇に手を合わせ、お袋と兄貴夫婦に新年のご挨拶をして、宴会に突入。 楽しいひと時を過ごせました。
image.jpegimage.jpeg

ヤフーを見てみると、新千歳空港はこの日、雪で滑走路封鎖で飛行機は欠航とのこと。 いやー、元旦の移動でラッキーでした。  12/30の飛行機では、座席のライトはつかんわ、音楽も聴けない。 は12/31小樽行きの函館線はトンネル内の天井モルタルのほうらくで、電車は大幅に遅れるわで、アンラッキーでしたが、年明けはなんか違いますね。

帰宅途中、喫茶店で酔い覚まし。
image.jpeg

今日も、いっぱい食べ過ぎました(笑)